スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今できる事

このところ大きな揺れを感じる余震が何度も続いていますが

先日あの大地震と津波の中を生き抜いた被災犬の映像をみました。

泥まみれになった被災犬が弱って横たわっている被災犬を守っている様子です。

私は涙がとまらなくなり愛犬と共に暮らす者として今できる事は何か?考えました。

みなさんも向日葵と同じように考えていらっしゃる方がいるかと思い

「今できる事」の一つとして下記をご紹介します。


『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』


http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

ナチュラルドッグスタイルより転記

【 趣 旨 】

環境大臣 殿

           
私達は、災害時における愛玩動物とその飼養管理者(飼い主家族)の双方における、
精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、避難所及び仮設住宅での
共同生活を確保することを要望します。

1.避難所について

愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの25パーセント確保することを
要望します。
もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを25パーセント確保する
ことを要望します。


2.仮設住宅について

愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、25パーセント確保する
ことを要望します。


3.災害時の愛玩動物への給餌・給水

災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを要望します。


4.災害時の愛玩動物の健康維持について

A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を要請することを要望します。
B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、保護施設にて一時預かり
及び、必要により健康診断・治療等の措置を取り、その愛玩動物の写真を印刷物や
ホームページにて掲載し、預かりを公示することを要望します。
以上の要望に対しご賛同いただけました方は、指定の署名用紙にて、署名活動に
ご協力頂きます事を、心よりお願い申し上げます。


用紙をダウンロード  http://www.n-d-s.tv/PDF/shomei_02.pdf

4月末までにファックス   FAX番号:0470-24-5666


お知らせ

只今ご紹介のみ

ご予約を受付ております

何卒ご了承願います
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
ブックマーク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。