スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見逃さない!

チリ・サンホセ鉱山の落盤事故

無事に33人全員が救出されて良かったですね


るぅとのお勉強の様子を紹介することでしつけのヒントを・・・

でもコマンドしながら写真を撮るのは結構難しい

るぅの表情をみても「何???」と・・・集中できない様子

でも写真を撮ることで改めて気づいたことが・・・

るぅはいつも顔が曲がってる・・・こんなとこまで私に似てしまった

私も写真を撮ってもらう時いつも顔が曲がっていると言われます


そんなことよりも・・・今日は飼い主さんにアドバイスを


るぅはまだ「フセ」を上手にすることができません

後足をくずしたり顔を床につけてしまいます

そこで正しいフセの姿勢を教えるべく違いを教えました

 
左の写真が 「フセ」

右の写真が 「ハウス」 ⇒ 「キュウケイ」 (休憩)

違い・・・わかりますか
フセるぅ ハウスるぅ

コマンドを区別することでるぅは正しいフセの姿勢を理解しつつありますが
一度覚えてしまったことを修正するのはとても難しく根気がいることです

よくよく考えてみるとまだパピーの頃「フセ」と指示をしたのに
るぅはあしをくずし顔を床につけて「休憩」の姿勢をとっていたにも関わらず
私はまだパピーだから細かい修正は必要ないかなと思い
褒めてしまっていたことが原因で誤った学習をさせてしまいました

家庭犬の場合はここまで細かいしつけをする必要はないかもしれませんが

飼い主さんにお伝えしたかったこと(アドバイス)は・・・

愛犬が誤ったことをしたのに「まーこれくらいいっか」と許してしまうと
誤った学習をしそれが問題行動を起こす原因となってしまうことが
多々ありますので小さなことでも見逃さずいけないことは「ダメ」と
正しいことは「ヨシ」ときちんと教えてあげる習慣をつけてみてください

例えば・・・

「うちの子は犬が嫌いみたいで・・・ごめんなさい」と言いながら
よそのうちの犬に吠えている愛犬に対して何も対処していない飼い主さん

要注意ですよ~

吠えているのに見逃している行為は
「吠えても良い」と誤った学習をさせていることになります

いけないことだと教えるコマンド「NO」や「ダメ」
または「アイコンタクト」⇒「マテ」をさせる等の対処をし
吠えるのを止めさせてください

吠えるのを止めさせることができない場合は・・・
もう一度飼い主さんと愛犬との信頼関係を見直す必要がありますよ~











お知らせ

只今ご紹介のみ

ご予約を受付ております

何卒ご了承願います
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
ブックマーク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。